1981年、キャラクターという名称さえまだ日本に定着していない頃、日本のキャラクターグッズのはしりとも言える雑貨シリーズ、『Let’s Chat / レッツチャット』がソニー・クリエイティブプロダクツから発売されました。

『Let’s Chat』とは「さぁ、話を始めよう!」という意味でアヒルの男の子「パッツィダック」とペンギンの男の子「ペンジャミン」の二人による、別々の雑貨シリーズです。

米国西海岸のサーフ&スキーのカルチャーイメージを持ってデザインされた辛口の雑貨デザインが、当時のティーンたちにスイートなファンシー雑貨とは一線を画した、クールなデザインとして受け入れられました。

スペシャルページはこちら